no-image

ガンは酸素を嫌う

【今週の健康ヒント】

ガンは酸素を嫌う

【解説】

ガンは酸素を嫌うって知ってました?

身体は通常、食べ物から得た栄養素(ブドウ糖)と、呼吸から得た酸素の両方を使ってエネルギーを作り出します。

しかし、ガン細胞はこのエネルギーをブドウ糖からだけ生み出しているのです。

これが、ガンの餌がブドウ糖と言われているゆえんです。

しかし、なぜ、ガン細胞はブドウ糖だけからエネルギーを生み出したのでしょう。

答えは単純明快。

体内に酸素が足りなかったから。

つまり、ガン細胞は体内が酸欠状態になり、エネルギーをうまく生み出せなくなった結果、

その環境でなんとか生き延びようと酸素なしでエネルギーを生み出すように自らを適応させた細胞なのです。

※では、どうしたらガンを正常細胞に戻せるのでしょうか。

それは、身体に酸素をより多く取り込んであげれば良いのです。

ここで大事なのは血流です。

酸素は血液に乗って細胞に運ばれます。

血液を良くすること=温めることで酸素が隅々にまで運ばれていきます。

でも、もっと重要なこと。

それは日々あなたが何を考えているかです。

不安、恐怖、心配を感じているときは、気がついたら肩で息をしていませんか?

酸素をほとんど吸えていないのです。

未来に来るかも知れない不安や恐怖・心配の感情に、今とらわれていませんか?

未来を恐れず、ただ今を生きて下さい。

イヤな未来を想像しそうになったら、キャンセル!キャンセル!って言いましょう。

何か起きたら、これって何のチャンス?!って自分に問いかけましょう。

問題なんてありません、課題があるだけです。

あなたの未来は、あなたが考えたとおりになります。

あなたはどんな未来を創りたいですか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今週も一週間、あなたの心と体がハッピーでありますように!

あなたの「こうなりたい」をサポートする整体院
【松岡カイロプラクティック】松岡勝彦

今すぐ電話する 078-583-3024