サイトアイコン 神戸市 整体 産後の骨盤矯正なら「松岡カイロプラクティック」

足湯と脚湯

おはようございます。

さあ、新しい一週間の始まりです。

笑顔で元気にスタートしましょう。

【今週の健康ヒント】

足湯と脚湯

【解説】

「足湯」は、くるぶしが隠れるくらいの深さ。

「脚湯」は、膝のお皿の下あたりまでの深さ。

頭痛・鼻水がでる・喉が痛いなど、首から上の症状には足湯。

便秘・下痢・お腹にガスがたまるなどの、内臓系の症状には脚湯。

時間は6~7分間。

差し湯をしつつ、熱いけれど、気持ちよいと感じられる温度を保つ。

終わって、片方の足だけ赤みが少ない、まだらに白い、そちら側だけ更に1~2分余分に温めて、左右の赤みをそろえる。

その間、赤くなっていた方の足は、乾いたタオルでくるむか、乾いたタオルで擦り上げるようによく拭いて、すぐに靴下を履く。

コップ一杯の白湯を飲んでおくと、なお良いでしょう。

※足湯もそうですが、免疫力を高めるためには身体を温めることが重要ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今週も一週間、あなたの心と体がハッピーでありますように!

あなたの「こうなりたい」をサポートする整体院
【松岡カイロプラクティック】松岡勝彦

モバイルバージョンを終了