神戸市 北区 産後の骨盤矯正なら「松岡カイロプラクティック」

 

神戸市 北区 産後の骨盤矯正なら「松岡カイロプラクティック」

 

【産後の骨盤矯正は、いつから始めた方がいい?】

 

【病院で「腰痛の原因は不明」と言われた方へ】

 

こんにちは!松岡カイロプラクティックの院長、松岡勝彦です。

 

さて本日は、

「産後の骨盤矯正の大切さや、どんなことが起こっていくのか?」

ということについて、ご紹介をしていきたいと思います。

 

もし今、

「朝、起き上がれないほどの腰痛で悩んでいる」

「腰や肩が痛くて、家事も育児も大変で辛い」

「ある瞬間、いきなり激しい腰痛が襲ってくることがある」

「産後の体系崩れ、産後太りに悩んでいる」

「もう産後、かなり時間が経っていて、今さら大丈夫なの?という不安がある」

 

このような方に、お役立ていただけるのではないかと思います。

 

骨盤が歪んだままだと、代謝が下がり、太りやすくなる!?

それでは、産後の骨盤矯正の大切さについて、ご紹介をしていきたいと思います。

 

出産に伴って、骨盤が開くのはもうご存知かと思いますが、

実は骨盤は、妊娠後2ヶ月目くらいから広がっていくのです。

 

妊娠すると、「リラキシン」というホルモンが分泌され、

その影響で、靭帯や筋肉、全身の関節が緩むのです。

 

ですので、妊娠初期から、肩こり、腰痛が出る人もおられるのですね。

 

5ヶ月目くらいに入って、お腹が大きくなるのに合わせ、

骨盤の上部が開いてくるようになります。

 

そして、自然分娩では、骨盤下部の靭帯が広がり、

赤ちゃんが生まれてきます。

帝王切開でも、骨盤の上部は開いている状態のままなのですね。

 

出産後は半年ほどをかけて、、広がった骨盤がゆっくり戻っていこうとするのですが、

現代人は、運動不足や筋力不足で、なかなか回復しない人も増えているのです。

 

また、最近では、産後に一人で赤ちゃんを見る、いわゆる「ワンオペ」も多く、

抱っこや授乳をしながら家事をしたりして、身体に負担がかかりやすい状況が続く方も、

少なくありません。

 

本来、骨盤は、生理周期や季節によっても、開いたり閉じたりしているのですが、

ムリして骨盤が歪み、バランスが崩れると、

 

内臓の機能低下

尿漏れ

血行不良による肩こりや腰痛

恥骨痛

冷え性

 

といった事も、起こりやすくなるのですね。

 

また、骨盤が開いたままだと、血行不良が起こって代謝が落ちることで、

体型が戻らず、「産後太り」ということ悩む人も少なくありません。

 

 

骨盤矯正は、早めに始めるのがオススメです

産後1ヶ月間は、体力が回復せず、骨盤の開きも大きいので、身体に負担が大きい時期となります。

 

もし、産後1ヶ月目の検診で、特にお身体に目立った問題が無い場合、

早期に産後の骨盤矯正を開始することで、より矯正効果は高まっていきます。

 

小さな赤ちゃんをお連れいただくことについて、

ご不安を持ちの方もおられるかもしれませんが、

松岡カイロプラクティックでは、

 

子連れ大歓迎!

ご家族連れも大歓迎!

1歳未満の赤ちゃんも大歓迎!

というカイロプラクティックとなっております(笑)

 

産後1ヶ月を過ぎている場合でも、できるだけ産後6ヶ月以内に骨盤矯正を受けることで、

効果が高まりますので、ぜひ、お早めに受診されることをお勧めいたします。

 

もし、出産後、数年が経っている方でも、

腰痛や肩こりでお悩みの方は、骨盤の歪みが原因であることが多いです。

 

 

松岡カイロプラクティックでは、そういった、産後数年が経っている場合でも、

ちゃんとした治療計画を立て、改善していくための道筋を、ご提示いたします。

 

産後の腰痛や、骨盤矯正でお悩みの方は、

ぜひお気軽に、ご相談いただければと思います。

 

病院で「腰痛の原因は不明」と言われた方へ

それでは続いて、産後の腰痛について、

「一般的案病院で、原因不明」と診断されるなど、

腰痛の解消について、お悩みの方のために、お話をさせていただきます。

 

産後の悩みの一つとして、「妊娠前や、妊娠中は気にならなかった腰痛が酷くなった」

という方も多いのではないかと思います。

 

 

やはり、妊娠して1年間をかけて、急激な体重や体形の変化、

さらに、姿勢やホルモンバランス、心のバランスの変化と、

目まぐるしい変化を体験され、

無事に出産を終えると、赤ちゃんが生まれたことによって、

生まれた分の体重や、重心の変化を、ものすごく短期間の間に、強制的に受けることになります。

 

しかも、現代人は、もともと運動不足ということもあって、

骨盤が緩みすぎたり、筋力が回復しない女性が増えているのですね。

 

その状態で、赤ちゃんの抱っこや授乳、おむつ替えや沐浴などで、無理な体制を長時間続けていると、

骨盤が歪み、身体のバランスが崩れやすくなるのです。

 

腰痛の原因は、一つではありません

赤ちゃんが生まれたことは、本当に喜ばしい事ですが、

初めての育児は、分からない事も多いでしょうし、親に聞いたり、育児本を読んでみたり、

ネットで調べてみたことが、我が子に通じない時もあるかと思います。

 

赤ちゃん優先で、自分のペースでは動けなくなりますし、

周りのサポートが足りないと、孤独を感じることもあるでしょう。

そんな精神的なストレスもかかってきます。

 

こうした様々な要因が積み重なって出てきたのが、産後の腰痛だと考えられます。

 

 

病院で、原因不明と診断されても、あきらめないでください

一般的な病院の役目は、病気やケガといった異常が無いか?

治療の必要があるかどうか?を判断します。

 

そのため、腰痛は多くの場合、異常なしと判断されるのですね。

そういった、複雑で個別的な原因、症状の対応を得意とするのが、

整体、カイロプラクティックなどの、代替療法です。

 

 

特に、妊活、妊娠中、産後など、周産期のサポートに力を入れている整体院は、

あなたの悩みをよく理解して、適切なサポートをしてもらえる事が期待できます。

 

当院も、そのような整体院の一つです。

もし産後の腰痛や肩こりでお悩みでしたら、お気軽にご相談いただければと思います。

あなたのお手伝いができれば幸いです。