腰痛(慢性腰痛)でお悩みの方 - 神戸市北区で腰痛 頭痛解消のカイロ・整体

松岡カイロプラクティック

こんな症状の方が来院されています

腰痛(慢性腰痛)でお悩みの方

神戸市北区で1996年に開業して以来、30000人を越える施術経験を元に、さまざまな症状で悩む患者さんに対応してきました。

私が経験した腰痛について、当院の考え方や施療方針などをまとめてみました。
じっくりお読みください。

0111

◎腰痛(慢性腰痛)の原因は

以前は、男女を問わず大人(成人)に多い症状でしたが、今では低年齢化し
中学・高校生くらいから腰痛を訴える人が増えています。

成人の場合、ほとんどの方が、運動不足の上にデスクワークで一日中座り放しでいたり、家事や職場での仕事などで偏った体の使い方をしたりしています。

また、中学・高校生などは、机に向かって勉強中の姿勢の悪さ、クラブ活動や
運動などでの偏った体の使い方をしたりしているのが腰痛の原因です。

最近では、長時間の携帯電話・スマホの操作やゲームをする姿勢なども腰痛の原因の一つです。

つまり、日常生活での体の使い方や不自然な姿勢が90%以上の腰痛の原因なのです。


◎痛みを感じる部分だけを治そうとしても治らない。


腰痛になると、多くの人はシップを貼ったり、マッサージをしたりして痛みを改善しようとします。

生まれて初めての腰痛や2~3回目くらいの腰痛でしたら、それで楽になって、
しばらくは普通に生活が出来るようになるでしょう。

しかし、腰痛も数回繰り返しているうちに、痛みがだんだん取れにくくなってきて長期間に渡って痛んだり、短い期間で繰り返すようになります。

こうなったら、シップやマッサージでは治まらず、接骨院に行って電気を当てたり、整形外科などで痛み止めの薬をもらったり、時には注射を打ってもらったりするのだけれど、思うようにスッキリと痛みが改善しない。

あなたも、その様な状況でお困りなのではありませんか。

実は、腰痛は痛みを感じる部分だけを何とかしようとしても、根本的な解決にはならないのです。


◎当院の施療方針

とにかく、腰が痛む、だるい、伸びない、曲がらない等と訴えて、多くの患者
さんが来院されるのですが、当院は整形外科・整骨院・整体院のように、痛みの出ている場所の施術は行いません。

なぜなら、その痛みは体のユガミの結果として出ているもので、その場しのぎの対処療法(痛み取り)では、直ぐに症状が戻ってしまうからです。

あなたの痛みに対して、さまざまな検査を行い、痛みの原因となっている体のユガミを確認し、その状態を改善することで根本から痛みを解消していきます。

ただし、痛む部位の筋肉の組織が損傷している場合には、痛みの改善までには時間がかかります。

※傷ができている状態なので、傷口が修復されるのに時間がかかるのと同様です。


◎当院ではこのような施療を行います。

最初にも書きましたが、腰痛の原因の90%は日常生活での体の使い方等ですが、中には内臓の問題であったり、重篤なヘルニアの可能性もありますので、
初診時にはしっかりと問診・検査をさせていただきます。

腰痛の原因は様々ですが、多くの人が通うボキボキ整体や
クイックマッサージが、実は腰痛を悪化させてしまうこともあります。

当院ではまずあなたの腰痛の原因をしっかりと突き止めます。
そのうえであなたの腰痛に最適な治療を提供いたします。

治療効果を高め再発を予防するための、
自宅で出来るエクササイズもご指導いたします。

分からないことは何でもご相談ください


◎腰痛が改善された患者さんのお声

当院に腰痛治療で来院された患者さんから
いただいた感想を紹介します。

Sn00050 

 臨床検査技師
 MS様 女性

 腰痛で来院されました:

 骨盤のユガミがありましたが、その場で改善されました。
 固まっていた筋肉がほぐされて、身体が軽くなり夜も
 グッスリ眠れました。

Sn00048   

   会社員 
  NH様 女性

 腰や肩が重いと来院されました:

 身体が疲れにくく、軽くなりました。

 

Sn00049   

   パート
  M様 女性

 腰痛、全身の疲れで来院されました:

 腰も楽になり、痛くて上げられなかった右腕も
 痛みなく上げられるようになりました。

それ他、沢山の患者様の声はこちらから↓

http://matsuoka-chiro.com/voicebackache/

この記事を共有する

腰痛、肩・膝・頭痛を解消したい方

神戸市北区,谷上駅の整体

大手口コミサイト第1位 土曜・祝日も20時まで受付 谷上駅より徒歩8分 施術歴20年以上の実績 駐車場あり

腰痛・坐骨神経痛・ヘルニアを解消したい方へ

今すぐ肩こり・頭痛を解消したい方へ